不必要な賃貸の費用を支払わないようにする

賃貸では、一般的には必要とされている費用でも法律的には必要とされていない費用が存在します。慣習によって支払わなくてはいけなくなってしまった費用など、本質的な賃貸借契約の観点からは全く関係のない費用が現実的にありますのでそうした無駄なお金を払わないように気をつけることが大事です。こうした無駄な費用の中でも有名なのが礼金というお金です。敷金と礼金はセットで払わなくてはいけないことが大半ですが、実は礼金に関しては法律的な規定が存在しません。

確かに、敷金に関しては預かり金として相手に預けておくお金として規定が存在するのですが、礼金に関してはそれを定める規定がないので本来ならば全く大家に対して払わなくても良いお金に分類されています。まさしく、昔から存在する慣習に従って支払っているだけのお礼に過ぎません。実際に、礼金に関しては昔と違って多くの不動産会社で支払わなくても良いようになっているところが増えています。昔はインターネットなどがなかったので賃貸に関する正しい知識を手軽に取得するのが難しかったのですが、インターネットによって手軽に知識を手に入れることができるようになってからはこうした当然の知識が浸透して礼金を要求することが難しくなっています。

法律的にも敷金は大変意味のあるお金として定義できるのですが、礼金には本当に意味がありません。賃借人から支払うことによって損をすることしかないお金なので、契約の際には注意をすることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です