賃貸に住むという選択

賃貸に住むのとマイホームを購入して住むのはどちらがいいのかという話題がよくあがります。どちらも利点はあります。しかし、マイホームのほうが宣伝力に力を入れているため、お得と感じる人が多いようです。宣伝している内容は確かに正しいです。

家賃を払うよりもローンで支払ったほうが物件も手に入るので御の字だと考えるのは当たり前です。しかし、そこにはいくつか「もしも」の時が抜けています。よって後でマイホームを手放す事態になる人が出てきます。ローンを支払っている間はマイホームではありません。

融資をしている金融機関のものです。お金を支払えなくなれば住むことはできなくなります。これは賃貸と全く同じです。それどころか先々の支払いまで契約していることになるので、高額な賃貸契約をしているのと一緒です。

会社が倒産した、転勤になった、近所とうまくいかない等の理由は関係ありません。住み続けるわけにもいかないのに、先々の料金まで支払うことになる覚悟が必要です。そうしたリスクを負ってまで家を手に入れたいと考えている人は本来少ないはずです。また、いらなくなったら売ればいいと考えている場合も危険です。

不動産業は様々な情報を手に入れ、運も味方しなければうまくいきません。プロでさえ運用は大変なので素人が不動産売買で成功すると考えるのは危険です。これらを加味するとローンを組んでまでマイホームを手に入れるより、賃貸のほうがメリットが大きい人はたくさんいます。家族のためにも賃貸に住み続けるという選択肢を捨てないでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です