賃貸住宅に暮らすことは大きなメリットがある

賃貸住宅に住み続けるか、住宅の購入に踏み切るかという選択をしなければならないと考えている人も多いことでしょう。もちろんどちらにもメリットがありますので、どちらが自分の生活スタイルに合致しているのかという前向きな観点で選択していきたいものです。そこで、賃貸住宅(マンション、アパートなど)のメリットについて考えていきましょう。最大のメリットは、コスト面となります。

両者の比較を行うことで最終的に支出する金額はそれほど違いがないという結論を導いている例もありますが、住宅を所有することで発生する費用は、税金や光熱費、火災保険などの分も上乗せされていきますので、やはり総コストでは高額になりがちです。賃貸住宅に住む場合には会社などから住宅手当の支給がある場合も見られますので、居住費用に関しては大きなアドバンテージがあると考えて良いでしょう。また、身軽さという観点でも優れています。引っ越しについては居住中の物件を引き払うことと、新しい物件を見つけることができればすぐに引っ越しが可能ですので、勤務先が変わっても転職してもその生活に合わせて住む場所を変えることが簡単にできます。

これまでは、賃貸住宅にある程度居住したあとは住宅を購入するという流れが一般的でしたが、住宅の所有にこだわらずに自由な暮らし化を追求する積極的賃貸派も増えてきています。自分の考えやライフステージなど、幅広く考えながら住まい方を考えていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です