賃貸するときに注意すべきポイント

物件を賃貸する際、気を付けるべきポイントがあります。それは入居時の部屋の状態です。ほとんどの賃貸は新しい入居者が入る前にハウスクリーニングやリフォームを行っています。それは、前の入居者がつけた汚れや、破損した箇所を直すためです。

入居者が退去する際には、管理会社の担当者が立ち合い、劣化箇所や破損個所のチェックを行います。そこで発覚した場所を補修したりクリーニングするのです。但し、管理会社の担当者が気付かなかった破損や汚れもゼロでは無いのです。意図的に隠されたものや、日常生活では気付かないものなどはそのままとなっていることも珍しくありません。

その為、物件を賃貸する際には襖の裏側や、どらの裏側など、普段気にしない部分を気にして確認をした方が良いのです。入居前か入居時に気づくことができれば、大家さんの費用負担で修繕してもらえることがほとんどです。ですが、入居後しばらくして気づいた場合、退去時に費用を請求される可能性もあります。入居時に支払う敷金は、退去時の修繕などの費用にあてられる費用となりますが、経年劣化はその対象となりません。

その為、故意に破損させてしまった箇所以外は修繕の義務が発生しないのです。破損が無ければ敷金はほとんど返金されるということも珍しくないので、出来れば綺麗な状態で使用することを心がけた方が良いでしょう。そうすれば返金された敷金を新しい入居先の敷金に充当する事も出来るためです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です